ホーム > 札幌農学校 永遠の幸(とこしえのさち)

「永遠の幸」(とこしえのさち)。戦後の食糧難時代に北海道大学農学部畜産学科肉製品研究室(現在の食肉科学研究室)では大学の実習工場において食肉の製造加工方法について昼夜を問わず研究開発を行い、その成果を北海道各地の農村現場や民間への技術指導の形で積極的に行なっていました。当社もまたその指導を受け技術を確立してまいりました。 今現在も大学の製造実習においては伝承された技術をもってハムソーセージが製造されてはいますが、それらは極めて僅かな量であり北海道大学関係者であってもなかなか口にすることができない存在です。当社ではこの稀少なハムソーセージを広く皆様に味わっていただくため、北海道大学より製造方法についての技術移転を受け平成18年より生産を開始いたしました。またその製品名は北海道大学の前身「札幌農学校」に学んだ有島武郎作の札幌農学校校歌「永遠の幸」を使わせていただき、本製品名といたしました。本製品から先人の食肉加工にかけた情熱とともに実り豊かな北海道の大地の息吹きを必ずや感じていただけることと思います。

営業カレンダー
ハム

永遠の幸 プレスハム650g

昔なつかしい豚肉の「プレスハム」が蘇りました。歴史の風味、至福の時をお愉しみください。

価格 3,300円

(税込 3564円)

永遠の幸 ロースハム650g

北海道大学農学部の「ロースハム」が蘇りました。歴史の風味、至福の時をお愉しみください。

価格 5,000円

(税込 5400円)

永遠の幸 ロースハム&プレスハム詰め合わせ

北海道大学農学部のロースハム&プレスハムを詰め合わせました。歴史の風味、至福の時をお愉しみください。

価格 8,300円

(税込 8964円)

ギフトセット

春楡の饗(エルムのもてなし)

北海道大学と当社の共同研究から生まれた独特の深い味わいのソーセージの詰め合わせです。

価格 4,584円

(税込 4950円)

前の画面に戻る